引っ越しの時の鍵交換

新しい賃貸住居に引っ越しをする際に気になることが、鍵の交換の事です。以前の住人が万が一合鍵を持ったままであった場合、鍵がきちんと交換されていないと不安ですよね。かつてはあまり鍵を交換することがなかった賃貸が多く、また鍵交換がされる際も退去する側に費用の請求が行われていました。今では新しく入居する借主側に鍵交換の費用を請求することが一般的となっています。ですがこれによってきちんと鍵が交換されているかどうかが把握できます。万が一鍵交換費用が請求されなかった場合には貸主に鍵交換をされているかどうかを確認しましょう。また、一般的とはいえ鍵交換の費用をだれが負担するかは法的には定まっておらず、国土交通省が示したガイドライン上で鍵交換については「入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とする事が妥当と考えられる」と明記されています。ですがガイドラインに強制性はないため、話し合いの際に交渉してみる事はできますが人気の物件では賃貸人が拒むこともあります。
もし、家の鍵を紛失してしまったりシリンダーを壊してしまった際は、借主が鍵交換の費用を支払う必要があります。通常は管理会社が業者を手配し鍵交換を行いますが、管理会社を通すと少し値段が高くなってしまう事がネックです。自身で鍵交換の業者に依頼することが出来れば少しは費用を抑える事が出来ますが、管理会社との交渉によります。オートロック錠が玄関にある場合は、住所・建物名・交換前の鍵番号が必要になります。